読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンシャンシャンシャン

(自称)世界的タンバリン奏者のブログです。つらつら書きます。転調とレッサーパンダが好きです。

むつかしい漢字

昨日、寝る前に考えていたことです。




そういえば

「もっと難しい漢字をいっぱい使ったほうがはてなブログらしくなるよ」

って言われたな〜〜


いやでも私難しい漢字って「書けない読めない知らない」の3拍子揃ってるからな〜〜

知らないもんは書けないよねぇ〜だよねぇ〜〜


でも1回カタカナ語を使わない記事とか書いてみたら面白いかもね〜〜無意識でいっぱい使ってるだろうなぁ〜〜ははは〜〜〜



…………。

まずタンバリンがすでにカタカナ語なんだけどどうすればいい………????





はいっ!ということで!!

今日のテーマは「タンバリンの当て字を考えよう」です!!!!


安心してくれ。私はKAT-TUNを「勝運」と表記していた時代のジャニオタだ。カタカナの漢字化なら慣れてる。


(文字数を少なくするためにジャニオタはいろいろ工夫を重ねていました。
Kis-My-Ft2→俺足とかは有名じゃない??あ、有名じゃない。ごめんね。)



まぁとりあえず、

タンバは置いといて「リン」は「鈴」で決定でしょ。
これ以上にふさわしい文字があるだろうか。いや、ない。(反語)



えっ…でも「燐」とか超かっこいいな……精神年齢が小学校5年生で止まってるから、すごく惹かれてしまう……


てか「燐寸」って「マッチ」って読むのね……知らなかった………


めっちゃ字かっこいいし、「寸」がなんとなく「すぐに燃え尽きてしまう短い命」みたいな雰囲気がして「燐寸売りの少女」って文字だけで泣けるね……

(「マッチ売りの少女」とか「人魚姫」みたいな物語は絶対泣いてしまう系人間)


よし、マッチは「燐寸」ね。覚えとこ。


甘利はまた1つ賢くなった!!!!!\( 'ω')/




はい話を戻して( ˘ω˘ )

まぁでも「リン」は、かっこよさよりタンバリンらしさを優先して「鈴」にしましょうか。





さて、「タンバ」はどうしようかな。


「たん」ってあんまり楽しそうな漢字がないな!!!誕生日の「誕」でいいかな!???(てきとー)


いや…これだ……「鍛」でしょ………

タンバリンは音楽センスを鍛えて鍛えて鍛えまくらないといけない楽器だからな……これしかない……上達のためには鍛錬あるのみ………( ˘ω˘ )



残りの「バ」は「羽」と「波」で悩みません??
悩むよな、わかる。



「鍛羽鈴」

「鍛波鈴」

(うわぁどっちも漢字のまとまりが全然ない)


波のほうがかっこいい…かな??

なんか「羽」と「鈴」が並んでると鈴虫を想像してしまうwww


それに音は波になって耳に届くからね、やっぱりタンバリンには「波」だね。うむ( ˘ω˘ )




ということで、世界的タンバリニストが独断と偏見で考えたタンバリンの当て字は

「鍛波鈴」

です!!!!!



あれ、ヤンキーが着るやつ、えーと…特攻服??特攻服!!の後ろに書く時とかの参考になれば嬉しいです\( 'ω')/


「鍛波鈴 夜露死苦

強そ〜〜〜〜!!!!!!\( 'ω')/



ってことでまたね〜〜!


シャンシャン