読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンシャンシャンシャン

(自称)世界的タンバリン奏者のブログです。つらつら書きます。転調とレッサーパンダが好きです。

20歳にして人生で初めて「なかよし」を購入した話。

世界的タンバリン奏者は困っていた。

それは4限が始まる少し前のことである。


プリントを取りいつもの席に座った瞬間、突然睡魔が襲ってきたのだ。

「ああ、そういえば空きコマの時間に仮眠を取るのを忘れていた。」


普段タンバリン奏者は空きコマに20分ほどの仮眠を取って英気を養うのだが、今日は散歩に行ったり図書室で雑誌をパラパラと捲ったりしていたので仮眠を取ることをすっかり忘れていたのである。


しかし今日は「カードキャプターさくら」の新章が掲載された「なかよし」の発売日だ。

無事に4限を乗り切り、晴々しい気持ちで本屋に行く必要がある。


タンバリン奏者は悩んだ結果、必殺奥義を使うことにした。


その名も、プリント高速読み。



人が字を読む平均の速さは1分間に500文字程度だと言われているが、前に計測したところタンバリン奏者の文字を読むスピードは2500文字程度であった。

先生が前回の復習をしている間に今日のプリントの内容を読み尽くすくらいは、嵐の「Love so sweet」のタンバリンを叩くより容易いこと。


無事に授業の内容を頭に入れたタンバリン奏者は眠りについた。


途中第六感が働き、出席を登録するICリーダーが回ってきた時だけむくっと起きれたことは賞賛に値するだろう。褒めてほしい。



そうして次にタンバリン奏者が目を開けた時は、授業の終わる15秒前だった。


不思議である。


授業中の殆どを睡眠に使ったのにも関わらず、授業の内容が頭に入っているではないか。

すっかり満足感と達成感に浸ったタンバリン奏者は大学の外へと繰り出した。



するとタンバリン奏者は驚いた。


澄み渡る青い空、涼しい風。


快適すぎる陽気なのである。


「授業の内容も頭に入り、睡眠時間も確保できて、それでいて良い天気。しかもこれからなかよしを買いに行ける。私はこんなにも恵まれていて良いのだろうか。」

そんなことを考えつつ、予約をした本が区立図書館に届いていることを思い出したタンバリン奏者は、本屋の前に図書館に寄ることにした。


それにしても実に心地良い天気だ。

爽やかな風に当たり、脳内ではJUDY AND MARYの「Over Drive」が流れている。

ぽかんと浮かんだ帽子のような雲をにやにやと眺めながら、タンバリン奏者は図書館へと歩みを進めた。


こうして図書館で本を受け取ったタンバリン奏者は、近くの公園でブランコに乗るかを暫し考えた。

しかし今日の目的は本屋で「なかよし」を買うこと。そして10mほど先にいるマダムの視線が痛い。


「こうしているうちに、なかよしが売り切れてしまうかもしれん。それだけは避けたい。」

そう思ったタンバリン奏者はブランコに背を向け、そそくさと本屋に向かったのだった。



本屋に到着したタンバリン奏者は考えた。

いきなり「なかよし」を手に取ってしまうのは、ホテルのバイキングでいきなりスイーツコーナーに走り出してしまう我が妹のようである。

精神年齢は小学校5年生から一向に成長しないものの、私も一応成人女性だ。ここは一つ、大人の余裕とやらを見せつけてあげようではないか。


そうしてタンバリン奏者は漫画雑誌コーナーではなくまずは少女コミックの棚へ向かい、集めている少女漫画を探した。

偶然にも今日は5千円という大金を持っていたのでシリーズの大人買いも可能だったが、ちまちま集めるのも漫画収集の楽しみの1つ。
とりあえず今日はこれだけ、と思い3,4巻だけを手に取った。


さあ、ついに念願の「なかよし」を手に取る瞬間がやってくる。

表紙は「カードキャプターさくら」の木之本桜ちゃんとケロちゃん。すでに涙が溢れそうである。


ちなみに私は小学生の頃は「ちゃお」派だったので、「なかよし」に触れたのは人生初の経験であった。

もしタンバリン奏者がタンバリン奏者ではなく俵万智だったら、間違いなく六月三日は「なかよし記念日」となっていたであろう。


ジャンプスクエアの表紙の「終わりのセラフ」の白夜ミカエラくんが美しすぎて5秒ほどその場に佇んでしまったが、ハッと我に返りレジへと向かった。


そうして無事に「なかよし」を手に入れたタンバリン奏者は電車に揺られて地元に帰り、予め冷凍庫で冷やしておいたカントリーマアムチョコミント味を食べながら「カードキャプターさくら」のページを開いたのである。





いや!!!!!!!!!マジでホント!!!!!!!!!!!!最高なんすわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

だって桜ちゃんと小狼くんが笑い合ってるんだよ………???もうそれだけで最高 of 最高ってかんじじゃない………????世界が綺麗すぎてそっと目を閉じて良さを噛みしめることしかできない( ˘ω˘ )

小狼くんがすごく優しい眼差しで桜ちゃんを見ててさ、「あーーーーーもーーーーーーーー生きててよかったーーーーーーーー!!!!!!!!!!人生最高だーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!」ってかんじ。

「俺が世界を守るから君たちは幸せでいてくれ……」感が全開だよ。まぁどう考えても彼らが世界守る側の人間なんだけどね!!!


てかもう「みんな元気そうでよかった」の一言に尽きます。

知世ちゃんもいつも通りでウルっときてしまった……知世ちゃんホント好き………ウェーブのかかった長い黒髪が今日も美しいですね………

桜ちゃんたちがナチュラルにスマホを使いこなしている中、知世ちゃんは相変わらずビデオカメラ片手に桜ちゃんを追っかけてるのにグッときました。
そう、時代が変わっても無くしちゃいけないものがあるよね、わかる。

あと利佳ちゃんが別の中学校に行っちゃったのが地味にショックすぎてえええええええってなってたんだけど利佳ちゃん……先生とは今もうまくいってるのだろうか……その辺も追々詳しくお願いします………


てか個人的超ツボなのが大学生になった雪兎さんが「雑貨屋でバイトしてる」って何!???????萌えすぎて血吐くかと思ったんだけど!??????お願いだから友枝町の雑貨屋さんに行かせてくれ……頼む………

お兄ちゃんも大学生になっててあわわわわわわわわわわわってかんじだった……お兄ちゃんかっこいい………でも私は雪兎さん派だから…………いや1番好きなの小狼くんだけど……………



はーーーーーーちょっと気になるところで「次号に続く」になっちゃったからまたなかよし買わなきゃーーーーーーー!!!!!!!

今月のなかよしめちゃくちゃ売れてるんだろうなぁ……主に大きなお友達たちによってwww


これからもカードキャプターさくらに付いていきます!!!!!CLAMPのみなさんよろしくお願いします!!!!!!!!今アニメの再放送もやってるから幸せ爆発フィーバーってかんじだね!!!!!!!!ひゅーひゅー!!!!!!!!!!!!!!!



ってかんじでカードキャプターさくらによって人生を狂わされたみなさん。

良質な萌えを補給したいみなさん。

とりあえず「なかよし7月号」を買えば幸せになれるよ!!!!!!!さぁ書店にダッシュダッシュ!!!!!!!!!!!


てなわけでまたねー\( 'ω')/



シャンシャン