シャンシャンシャンシャン

(自称)世界的タンバリン奏者のブログです。つらつら書きます。転調とレッサーパンダが好きです。

世界的タンバリン奏者が選ぶ、本当にバンドでやりたい楽器

どうも。世界的タンバリン奏者の甘利です。

日本の楽器人口は500〜600万人らしいですね。
割合で言うと日本人口の5%ほどです。

しかし
「楽器を演奏してみたい人は国民の6〜7割」
とも言われています。


え!??何をみんなそんなに躊躇っているの!???さっさと楽器始めればいいじゃん!!!!!



「じゃあ始めてみようかな…実は俺、楽器やってみたかったんだよね……」

「え、マジ!?俺も俺も!!じゃあ俺らバンド組まね???」

「お?組んじゃう??ワンチャンある??」

「ワンチャンあんじゃね???俺、モテそうだからギターな〜〜!!」

「え、俺もモテたい……じゃあギター2本にすっか!!!あとのメンバー探そうぜ!!」




待って待って〜〜〜!!!!君たちそんな簡単にギターって決めていいの〜〜〜!????

他にももっとイケてる楽器があるんじゃないのかい???ほら、「タ」から始まる可愛くてシャンシャンする楽器だよ????


ってことで行ってみましょう!!

「世界的タンバリン奏者が選ぶ、本当にバンドでやりたい楽器」

スタート!!!!!\( 'ω')/

(ちなみに私は「キーボード推しのドラマー寄りタンバリニスト」です)←ややこしいわ



まずは王道楽器と比較してみましょう。

・ギター

「やっぱりモテそうだしギター1択っしょ!!!!!」

ちょっと待って、「モテたいから楽器を始める」という思考回路はとても素晴らしいよ。でも本当にギターでいいの??


先日Twitterのアンケート機能を使ってみました。ポチッとしてくれたみなさん本当にありがとう。

感謝の印として、ポチッとしてくれたみなさんには自動的に「タンバリン8級」を授与します。プロフィールのところに書いてみてね。(いらねー)

はいそのアンケートの結果、どーーーーん!!!!!↓


ええええええ…マジで超びっくりじゃない……???
「ギター=モテ」じゃないの????そしてこんなにもドラム大勝利になるとは思わなかった………


ほら、頑張ってバイトしてかっこいいギター買っていっぱい練習してFコードも押さえられるようになったとしてもさ、

あなたの好きなあの子はあなたを見ているように見えて、実は後ろのドラマーを見つめているのかもしれないよ???


………涙拭けって。

こんなに辛い思いをするんだったらさ、ギターやめて1700円から始められるタンバリンにしない???


ギター vs タンバリン

→winner タンバリン\( 'ω')/




・ベース

でたよ、爆モテ楽器。

とりあえず最初「キャー♡♡」ってなるのがギターで、もうちょっと踏み込むとベースがモテだす……という勝手なイメージがあります。


いやでも今回のアンケートでドラムのほうがモテるということがわかったからな。

お前の爆モテ時代は終わりだ!!!世は大ドラム時代!!!!\( 'ω')/


ベースさ、かっこいいし音楽の要だし縁の下の力持ちだけど、
いざ演奏するとなると重くて疲れちゃうじゃん??

だったら軽くて1700円で買えるタンバリンにしない??意外とそっちのほうがモテるかもよ???



ベース vs タンバリン

→winner タンバリン\( 'ω')/




・キーボード

きたーーーーー!!!!!!キーボードめっちゃ好きーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

私キーボード不在の「UNISON SQUARE GARDEN」という3ピースバンドを信仰しているのですが、でもキーボードめちゃくちゃ大好きです。超好き。


キーボードはマジかっこいいよな……なんかこう「痺れる」の一言に尽きる………

音楽に華を添えるというか、サウンドを豊かにする役割がかっこいいですよね………

でも勘の良い人は私が何を言おうとしているかわかるでしょう( ˘ω˘ )


キーボードとタンバリンって似てるよね?????



ぶっちゃけメロディ(ボーカル)、ギター、ベース、ドラムがいれば音楽として十分成り立つんですよ。

それに+αを加えるのが主なキーボードのお仕事です。


それと同じ。

カラオケのタンバリンだって、もともと音楽として成り立っている「カラオケ音源」に+αでリズムを加えるお仕事です。

ほら、そっくりでしょう??



そしてこれを読んで

「え、私キーボードやりたいけど、そんな+αするような音楽センスない…どうしよう……」

と不安に思ってしまったそこのあなた。


大丈夫。
一度に勉強すると大変だから、まずはリズムのセンスを磨くことに集中してみない??今なら1700円で始められるよ???


キーボード vs タンバリン

winner→タンバリン\( 'ω')/




・ドラム

よっ!!!モテ楽器!!!!\ヒューヒュー!!/


私ドラムもできるしドラムの良いところいっぱい知ってるけど、

「ドラムはいつも後ろにいるからな…どうせモテるのはギターとかベースでしょ……」

と思っていたので今回の結果がめちゃくちゃ嬉しいです!!やったー!!!(でも推しはキーボードなので複雑)


「かっこいいのはわかるし、モテるのもわかった。でもやっぱりドラムって難しそう……両手両足が別々に動くんでしょ??」

うむ。たしかに両手両足は全部違う動きをします。
でも全く違うことをしているわけじゃなくて、その4つの動きが集まって「1つのリズム」を作っているだけなので慣れればすぐ叩けるよ\( 'ω')/


なんかね、
「ん〜昨日よりちょっと上手になったかな〜〜」
とかじゃなくて、

「一昨日もできなかった!!昨日もできなかった!!!でもなぜか今日叩けるようになってる!!!なんで!????でもドラム楽しい!!!!!!」

みたいな日が突然やってくるのです( ˘ω˘ )www


だからあんまり気負わなくていいと思うんだ〜〜学食の券売機で「カレー」のボタンをポチッと押すくらいのノリでドラム始めてみればいいと思う。とりあえずスティック買いに行こっか\( 'ω')/


そしてドラムはタンバリンの親戚だからね。もはやドラムは身内だ!!

「いやでも身内って言っても、ぶっちゃけ力関係で言ったらタンバリン<ドラムじゃないの??」


うっせぇ!!!!!!!!!!「タンバリン=ドラム」に決まってるだろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

\そーだ!そーだ!/


たしかにカラオケで「今どんなリズムでタンバリンを叩くと音楽にマッチするか」と考えるときは、ドラムを参考にすることが多いです。

でもタンバリンはドラムのおまけではなく、ドラムと対等に音を奏でることができる存在なのだ!\( 'ω')/


ドラムが暴れる時はタンバリンがきっちり刻む。
ドラムが優等生してるときはタンバリンが遊ばせてもらう。

こんなかんじでドラムとタンバリンはお互いを支え合っている存在なのです。ちっちゃいからって甘く見ちゃダメだよ\( 'ω')/

「え、じゃあタンバリンもドラムと同じぐらいの力を秘めてるってことでしょ??スタジオ借りるの面倒臭いし、とりあえずタンバリン始めてみる???」

………実に賢い判断ですね。



ドラム vs タンバリン

→winner タンバリン\( 'ω')/



ということで、いかにタンバリンが優秀な楽器かご理解いただけたでしょうか??

もちろん私はどの楽器も大好きです。でも「楽器を始める」となった時に「タンバリン」もその選択肢に加えてほしいのです。



てかあれじゃん??タンバリンって需要が無限大にあると思うんだよね。


例えばギター、ベース、キーボード、ドラムがいるバンドに

「世界的ドラマーです!私も入れてください!!」

って言ったとしても

「え…うちもう別にドラマーいるしな…ツインドラムはちょっといかつすぎるだろ……」

ってなるじゃん?


でも
「世界的タンバリニストです!私も入れてください!!」

って言えば

「タンバリンかぁ…良いかもしれないな。よしっじゃあお前今日からうちのメンバーな!」

ってなるかもしれないじゃん?


だからこれからの時代はタンバリンなのです\( 'ω')/

みんなも流行りに乗っかってタンバリン始めようぜ!!!!!!



ってことでまたお会いましょう。

またね!!!!!!!



シャンシャン