シャンシャンシャンシャン

(自称)世界的タンバリン奏者のブログです。つらつら書きます。転調とレッサーパンダが好きです。

インタビュー第1回「Nみちゃん編」

どうも!!!世界的タンバリン奏者の甘利です!!!!

 

突然ですが新企画「インタビュー」がスタートしました!!!

いえーい(シャンシャンシャンシャン)

 

第1回目となる今回お話を伺ったのは、私がよく一緒にカラオケに行く「Nみちゃん」(本人の希望で一部アルファベット)です。

 

Nみちゃんは「タンバリン3級」を持ってるすごい人なんですよ〜〜!!

 

(私がノリで「今のタンバリンよかった!!今日からタンバリン3級ね!!!」って言った)

(甘利は世界的だからもはや級とかそういう次元を超えてます)

 

なのでタンバリン3級所持者としてのこだわりやその他カラオケの楽しみ方などいろいろお話聞けたので、ぜひ楽しんでください( ˘ω˘ )

 

 

【プロフィール】Nみちゃん

高校が同じで部活が同じで1年の時はクラスも同じだった。とても良い奴。ズッ友。ちっちゃい。

 

取材は6月下旬、とあるガストにて。

 

 

シャンシャン

 

 

Nみちゃんはすごくカラオケが好き。

甘「まずタンバリンの話の前に聞きたいんだけど、Nみちゃんはかなりカラオケに行く側の人間だよね?」

 

N「はい、カラオケ好きです」

 

甘「週何回ぐらい行ってるの?」

 

N「え、その時々によるけど」

 

甘「なんかヤバい時、週3,4回ぐらいで行ってない?(笑)」

 

N「あるある、長期休みの時とか(笑)」

 

 

ちゃんとタンバリン使ってるの?

甘「Nみちゃんさ、カラオケで私と一緒じゃない時もちゃんとタンバリン使ってるの?」

 

N「置いてあったら使う……でもどうだろう、踊ってる時もあるから(笑) 大人数の時は使うけど、2人だけでのカラオケとかは使わないかな」

 

甘「いや使うでしょ2人でも。タンバリン使ってください(切実)」

 

N「ん~でも最近ビックエコーのエレガンスルームよく行くから~」

 

甘「あ~~たしかにあそこタンバリン置いてないね〜〜〜」

 

N「そうなんだよね~~」

 

ビッグエコーのエレガンスルーム ♯とは

女子力が高そうなカラオケのお部屋です。ソファがいっぱいあって、靴を脱いで上がるよ。タンバリンは置いてないけどとても居心地が良いお部屋なのでぜひ。

てか私の場合、タンバリン置いてなくても自分で持ってくからあんまり関係ないです!!\( 'ω')/

 


Nみちゃんのタンバリンこだわり。

甘「カラオケでタンバリンを使い始めたのはいつ頃からですか?」

 

N「え~~~カラオケに行き始めたのが中学生の時だからその時からかな~~~覚えてないや」

 

甘「え、その時って、タンバリンはすんなり叩けた……??」

 

N「まぁ……人並みには叩けたと思う。人並みには(笑)」

 

甘「ではその時からタンバリンを使っているということですが、カラオケでタンバリンを叩く際に何か意識していることはありますか?」

 

N「んーーーー私はタンバリニストではないんですけど(笑)、でも1番聴いて雰囲気掴んでから2番で合わせたり、ドラムのバスドラのリズムに合わせたり……っていうこだわりはあります」

 

甘「ほー」

 

N「あとゆずの某あの曲だったらシャカシャカって寄せたい(笑) なんでもアーティストに寄せたくなっちゃう人間なので」

 

 

Nみちゃんのアーティストに寄せたくなっちゃう病については、また後ほど伺います!

 

 

甘「では世界的タンバリニスト甘利のタンバリンについてはどう思われますか?」

 

N「いや~~いろんな小技を使ってて素晴らしいと思いますよ」

 

甘 (わーい褒められた)

 

N「最後のバシッ!!ってキメがかっこいいですよね。あとMyタンバリン持ってて気合いが違うなって思います」

 

甘「ありがとうございます(笑)」

 

タンバリンは必需品?

甘「ではNみちゃん。ワタクシいろいろ調査をして"カラオケでタンバリンを使わない人が結構多い"ということがわかったんですが、これについて何か思うことはありますか?」

 

N「やっぱりタンバリンは盛り上げたい時の必須品ですよ。叩いたほうがいいと思う。まぁやりすぎると人の声をかき消す可能性があるけど(笑)」

 

甘「えっ!?私かき消してないよね!???」

 

N「大丈夫(笑)だからその"歌の邪魔はしちゃいけないけど盛り上げる"っていう境目が大事ですよね」

 

甘「その通りですね~」

 

タンバリン以外のカラオケの楽しみ方

甘「最近カラオケでハマっていることは声マネだと伺ってますが、なぜ声マネを始めようと思ったのですか?」

 

N「(伺ってる…っていうかお前全部聞いてるじゃん) 原点は嵐の翔ちゃんですね」

 

甘 (あーーーたしかによくやってるし似てる……ってかむしろラップは全部櫻井くんになってるから、ももクロのラップとかでもいきなり櫻井くん出現するからびっくりするよね、Nみちゃんカラオケあるある)

 

N「んで翔ちゃんの後に、他のジャニーズの人の声マネも始めたかな~~たとえばry」

 

(ここから濃いジャニーズトークが始まるので割愛。)

 

N「これ何のインタビューなの?ただの身内のジャニーズ話じゃん(笑)」

 

甘「いや!!タンバリンの他にもカラオケの楽しみ方ってあるんだよっていう紹介!!!!」

 

 

Nみちゃんからメッセージ

甘「それでは最後に、これからタンバリンを始めようかなって思っている方に向けてメッセージをお願いします!」

 

N「やっぱりタンバリンやってる時って楽しいし、場も盛り上がるので、率先してやってみてほしい。叩き方がわからないからってタンバリンを放置してほしくない。渡されたらやる!!って心意気で。とりあえず4分音符で叩けばなんとかなるから」

 

甘「良いお言葉が聞けました」

 

N「あきらめちゃダメ。タンバリンと向き合う。

 

甘「わ~~名言っぽい~~~~(拍手)」

 

N「以上です」

 

 

どうでしょう。タンバリン3級所持者の言葉は心に響きましたか?それと記事にするの下手くそすぎて申し訳ない。精進します。

 

あと文字化しやすいようにこの会話を録音してたんですが、マジで自分滑舌悪すぎて何言ってんのかわかんなかったから本当にてきとーに喋るのやめようと思った(真顔)

 

ってことで第2回インタビューもお楽しみに!ゼミの課題で死んでなければ更新します!!

 

じゃあね!!!!

 

 

シャンシャン