読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンシャンシャンシャン

(自称)世界的タンバリン奏者のブログです。つらつら書きます。転調とレッサーパンダが好きです。

タンバリン奏者が語る「猿でもわかるツール・ド・フランス」

はいどうもこんばんは。世界的タンバリニストの甘利です。

ひゃーーーー忙しいね!!!!じわじわと迫りつつあるテストやレポートに押し潰されそうだぜ!!!!!!


だがしかし、そういう時期お決まりの誘惑ってありますよね……

とくに前期の期末特有の現実逃避と言えば、そう!!!!!

ツール・ド・フランス!!!!!!!



私の周りの人でツール・ド・フランス観てるの家族ぐらいしかいないんだけど日本大丈夫??観たほうがいいよ???


ってことで今回は

「スポーツはやるのも観るのもそんなに好きじゃないけど、ツールは大好き✨✌」

という世界的タンバリン奏者のワタクシが、みなさんにツール・ド・フランスの魅力をお伝えします!!!!

Let's現実逃避!!!!!!\( 'ω')/

(とか言ってるけどかなりの初心者です。お手柔らかに)



ツール・ド・フランス #とは

ツール・ド・フランスは毎年7月にフランスとその周辺国で開催される自転車のロードレースです。とても歴史のある大会で、今年はなんと第103回目です。


開催期間は23日間!!
そうなんです。長いんです。お休みの日もあるのでレース自体は21ステージだけどね。


ちなみにその総距離は約3,300km。

ちょっと長すぎてよくわかんなかったからググったんだけど、北海道〜沖縄ぐらいの距離だってさ。

長いな!???これチャリだかんな!???人の脚で漕ぐんやで!???


んで山だったり平坦だったりいろんなコースが組まれますが、最終日のステージは必ずパリです。

ツール・ド・フランスって出場するのも大変だし、出場しても23日間の中で怪我でリアイアしてしまう選手もたくさんいるので、最終日に無事にパリに辿り着く……ってだけでもとてもとてもすごいことなのです!

これテストに出るからな!!!\( 'ω')/



どうやって戦うの??

ツール・ド・フランスは9人1組のチーム戦です。

チームには「エース」がいて、あとのみなさんはエースを勝たせるための「アシスト」です。

ロードレースかじってない人だと「アシストって何?」って思うかもしれませんが、ロードバイクって50〜60km、下り坂だと90kmぐらい出るんですよ。
なのでエースの前に誰かがいると風除けになって体力温存が可能なんです。その役割がアシスト!


あとはゴールに向けて飛び出したくても、前に他の選手がうじゃうじゃいたら邪魔じゃないですか?

だから他の選手からエースを守って、最高のタイミングで飛び出せるようにポジションを確保するのもアシストの役割です。


泣けるよね〜〜!!!エースの勝利の影には自分を犠牲にして道を切り開いたアシストの努力があるのよ〜〜〜!!!!1人の勝利じゃなくてみんなの勝利なのよ〜〜〜!!!!!泣いちゃう〜〜〜〜!!!!!!



どんな選手がいるの???

ツール・ド・フランスの開催はヨーロッパですが、世界中から選手が集められています。日本の選手もいるよ!

そしてロードレースの選手には3つのタイプがあります。(弱虫ペダル読んでる人はここ飛ばしていいよ!)


1.スプリンター
平地が得意な選手です。華やかでかっこいいよね!

2.クライマー
山が強い選手です。ツールでは山が多い「山岳ステージ」が用意されているで、そこでクライマーは大活躍します。かっこいいよね!

3.オールラウンダー
平坦もいけて山も登れる選手です。チームのエースは大体オールラウンダー。かっこいいよね!


結論:みんなかっこいいよね!




勝ち負けってどうなってるの??

ツール・ド・フランスは各ステージの所要時間を足して、合計所要時間が最も少ない選手が総合優勝です。

だから優勝するためには毎日毎日良い成績をキープしなくてはいけないのです。一度勝つだけじゃダメなの。これは大変。


でもこれ以外にもいろいろ賞があるんやで!!


ステージの途中に「山岳ポイント」「スプリントポイント」というのが設けられていまして、

「ここ山だから山岳ポイントな〜!この山のてっぺんを1位で通過したら30ポイントあげるで〜!」

みたいなかんじでポイントを獲得できて、その合計ポイント数が1番多い選手が「山岳賞」「スプリント賞」をもらうことができます。


なのでスプリンターやクライマーの選手では
「総合優勝はしなくていいからポイントを確実に狙って、山岳賞orスプリント賞をゲットするぜ!」
という選手も多いです。


ちなみに表彰式は毎ステージごとに行われて、「その時1位だった」選手が表彰されます。

ってことは明日も表彰式に上がれる保証はないんやで……迫り来るライバルたちがたくさんいるからな……ツール恐ろしい………!!!


そして表彰された選手は次の日特別なジャージを着ます。

総合最速が黄色いジャージ、スプリント賞が緑のジャージ、山岳賞が白地に赤い水玉のジャージです。


なのでこのジャージを見かけたら
「あぁアイツ強いんだな〜〜」
って思ってれば大丈夫です。まぁ次の日もその人がそのジャージを着てるかはわかんないけどな!!!!!



さて、ここからは具体的な楽しみ方を3つご紹介します。

1.単純に自転車とサイクルジャージがかっこいいよね!!!!

そうなの。かっこいいの。てかみんなおしゃれなの。見て。

f:id:amaritamb:20160708203606j:image

かっこいい〜〜〜!!!!!!!ちょっとチームskyかっこよすぎだよね……黒×水色×白でかっこよくならないわけがない……


f:id:amaritamb:20160708203659j:image

とってもカラフルなので、選手と自転車見てるだけでも楽しいです。好き( ˘ω˘ )



2.そもそも走ってる土地がおしゃれだよね!!!

ヨーロッパですよ奥さん??とてもおしゃれです!!ほら!!!

f:id:amaritamb:20160708203807j:image

f:id:amaritamb:20160708203908j:image

f:id:amaritamb:20160708203857j:image

ひゅ〜〜〜素敵〜〜〜〜〜!!!!!!

プチ旅行気分が楽しめます。とっても楽しいね( ˘ω˘ )



さて、3つ目は少し真面目です。

3.熱いドラマがある

本当にこの一言に尽きるよね!!!!

200kmぐらいのステージの勝ち負けがたった数センチで決まったりするし、思わぬタイミングで飛び出してきた想定外の選手が勝利をかっさらっていったりもします。

また優勝候補選手がツール初日に落車(自転車から落ちることだよ)で骨折してリタイア……なんてネガティブな事件もあります。


そう…最後の最後まで誰が勝つかわからなくて、その勝利の裏には熱いドラマがある。
それがツール・ド・フランスの魅力なのです。


昨日の第6ステージでも日本人の新城選手が敢闘賞を受賞する、という胸熱な展開もありましたしね!ちょっと電車の中で泣いたよね!!

(敢闘賞はすごく頑張った選手に贈られる賞だよ!!)

f:id:amaritamb:20160708204017j:image



てなわけでみなさん、ツール・ド・フランス観たくなってきた??なってきたよね???

「え〜〜でも今年のツールってもう始まってるんでしょ??乗り遅れちゃったな〜〜」


ご安心ください!!!

NHK BSで土曜日15時から「ウィークリー ツール・ド・フランス」が放送されます!!!!!明日です!!!!!!

1週間分のステージをギュギュッと凝縮したおいしいところだけ観れるはずです。

さぁ!!今すぐ予約なのだーー!!!!どんどんどんどんーーーー!!!!!!!



ってことでテスト期間はツール・ド・フランス観て楽しく現実逃避しましょう\( 'ω')/


またね〜〜〜!!!!


シャンシャン


p.s.「タンバリン奏者の仕事 #とは」



Le Tour de France @LeTour